■自転車ってこんなにいいの?

一見すると敷居が高く見えてしまう自転車。スポーツ自転車を取扱うお店を見ると、「きっと本気で運動する人たちが扱うものだよね!?」と思われてしまうかもしれません。ですが、実は体への負担は少ないので、”長~くゆる~く”運動ができるんです。スポーツは色々ありますが、自転車ほど”長~くゆる~く”運動できるスポーツはなかなかないのです。この、”長~くゆる~く”運動することが、とても健康に効果があるのです。

最近は平均寿命よりも健康寿命が大事だ!などと言われています。多くの方が健康にとても関心があるのだと思います。では、どんな効果があるのか?と言いますと、

  • スピードや自然を感じながら移動することで爽快感が得られてストレス解消になる
  • 長時間の有酸素運動で、ダイエットに効くだけでなく、引き締まった脚が手に入れられる
  • 血糖値やコレステロール値が正常化されたり、免疫力が高まったりする
  • ストレス解消して体が適度に疲れるので、よく眠ることができる

素晴らしいですね。これは自転車に乗っている人の感覚ではなく、効果についてちゃんと大学で研究されているのです。


■一般的な遊び方

では、スポーツ自転車に乗る人たちはどうやって遊んでいるんでしょうか?わかりやすいところでご紹介すると、「イベント」で知っていくのは一つの方法としていいかと思います。一般的には、

  • サイクリング
  • ロード競技
  • オフロード競技

の3つに分かれています。イベントは、距離の長さや運動強度、ロケーション(平地、山)などでさらに細かく分けられています。

ただ、イベントは日常的に参加しているものではないので、遊び方の一例だと思ってください。

 

■山形で遊ぶとこうなる!

1.都市部をすぐに抜けられる!

山形市の人口は25万人。大きくもなく、小さくもなく、というのが特徴的な都市です。そのため、自転車でも15分も走ると田園風景、遠くには奥羽山脈、蔵王連峰が見える場所がたくさんあります。春はたくさんの花が咲き乱れ、夏には緑が深まり、秋には一面の紅葉が乱舞する・・・刻々と変わっていく季節を満喫しながらサイクリングを楽しめちゃいます。

2.山が近い!

山形県の特徴、それは住んでいる街から山が近い事。当店がある山形市もとても山が近いです。どのくらい近いか、と言いますと、近いところで山の麓まで自転車で15分程度(!)そこからすぐに登っていけます。イベントでヒルクライムというものがありますが、山を登るイベントに参加するために時間をかけて開催場所まで行くのが都会です。山形では日常的に山の上から街を眺めたりできちゃいます。ママチャリではなかなか出会えないこの景色。スポーツ自転車だと、始めたばかりの人でも行けちゃいます。

3.美味しいお店が点在している!

山形は観光業も盛んなため、各地に美味しいお店があります(もちろん、市街にもたくさんあります)。そのため、ほどよくサイクリングして、ご褒美に美味しいランチを食べて、またほどほどにサイクリングしてデザートを食べる・・・そんな楽しみ方ができちゃいます。カロリーが気になる?問題ありません!走っている間にエネルギーを消費しちゃいますから(笑)


山形では遊び方が無限大!なのです。決まった遊び方はありません。一人ひとりがどう楽しむかを選べます。

なお、そこまでの道のりで車が怖い・・・と思う方がいらっしゃると思います。山形県は雪が降るため、路肩が広い道が多くあります。道を選ぶと怖い思いを少なくすることができます。また、平坦な道がいいときには県道を、アップダウンを楽しみたいときには農道を選ぶと、交通量が少なく走りやすくなります。詳しく道を聞きたい!という方は、当店までぜひ遊びにいらしてください。他店で自転車を購入した方も大歓迎です!

■自分に合った自転車はどうやって選ぶの?

遊び方が無限大なのに、どうやって自転車を選べばいいのでしょうか?当店では、5つの観点でお客さまのご要望をお伺いして、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクの最適な自転車をご提案しています。その5つの観点をご紹介いたします。

  1. 主に利用するロケーション
    • スポーツ自転車は利用するロケーションで適しているものが変わってきます。舗装された路面なのかオフロードなのか、街中を中心に利用するのか郊外を周りたいのか。これによって、操作性や安定性が決まってきます。
  2. これまでの自転車からのレベルアップ度合い
    • これまで乗られてきた自転車からどのくらい変化させたいのかによって、自転車の種類やランクが変わってきます。全く違う世界を体験したいのか、ある程度楽になればいいのか。ちなみに、感覚的にはママチャリからクロスバイクに変えると1.5倍、ロードバイクに変えると2倍くらいのスピードが出せますし、走れる距離も伸びていきます。
  3. 運動真剣度
    • どのくらいの運動を取り組みたいのかによって、自転車の種類が変わります。「オシャレに快適に」なのか、「スポーツとしてやりたい」のか、などが挙げられます。蛇足ですが、これによって着る服なども変わってきますね。
  4. 荷物の量
    • 自転車に括り付けたい荷物の量によって、載せられる自転車が決まります。ロードバイクはほとんど荷物が載せられません。荷物をたくさん載せたい場合には、クロスバイクやマウンテンバイクをカスタマイズする、など、様々な形でご提案しています。
  5. ご予算
    • これは・・・言わずもがなですね(苦笑)

スポーツ自転車は本当にたくさんの種類があります。この5つの観点から、お客さまに最適な自転車を一緒に探してご提案するのが当店のスタイルです。まずはお気軽にご相談ください!